副業に関する税金

■「20万円」を覚えておこう

サラリーマンの場合、所得税は毎月の給料から天引きされていますから、その金額や支払いに関して意識したことのある人は多くないように思います。
けれども副業を始めた場合、本業とは別の収入が年間に20万円を超えるなら、税金の支払いを要することを知っておかなければなりません。
もし納税しなければ、税務署から指摘があり面倒なことにもなりかねないので注意が必要です。
副業の収入が20万円を超えたなら確定申告をすることを覚えておきましょう。
20万円以下であれば、申告も納税もいずれの必要もないのでご安心を。
確定申告の際に提出するものとして、源泉徴収票のほかにさまざまな領収書が必要です。
税金額は、収入から必要経費を差し引いた金額から算出されます。
したがって、副収入を得るために掛かった経費、たとえば交通費やインターネットのプロバイダー料などがあればそれらの領収書を提出しますから、きちんと残しておきましょう。
逆にそれらの経費が認められれば、差し引かれた税金が返ってくることもあります。
とにかく、副業で収入があるのであれば必ず確定申告を行なうことをお忘れなく。

■その他の注意点

中には、職場に内緒で副業をしている人もいることでしょう。
そんな場合は、確定申告で住民税の納付方法を選ぶ際に普通徴収を選択しましょう。
もうひとつの納付方法に特別徴収がありますが、これでは職場に副業をしていることがバレる恐れがあるので注意しましょう。

Copyright(c) 2015 xxx All Rights Reserved.